PR

娘たちへ贈るプレイリスト(メッセージ編)

音楽

もうそう遠くない日に巣立ってゆくであろう娘達に、日頃うまく伝えられないでいる想いを、私の好きな曲に代えて贈ります。

以前、選曲した娘たちへのプレイリストは、個々の成長過程と関係性のある、かなりプライベートなものでしたが、今回はもう少し親視点でのメッセージ性のある選曲になっています。

好きな曲が多すぎてキリが無いので、上限20曲としました。


Make You Feel My Love:Adele

原曲はボブ・ディランが1997年に発表した「Time Out of Mind」に収録されています。
この頃はまだ独身でした。
アデルがデビュー・アルバム「19」でこの曲をカバーしたのは2008年。
彩乃(長女)は5歳、詩音(次女)は0歳でした。
ディランの時には感じなかった気持ちを、19歳のアデルの歌で気づかされました。

When the rain is blowing in your face
And the whole world is on your case
I could offer you a warm embrace
To make you feel my love

私は上手く伝えることができないのですが、この曲がキミたちに向けての想いを代弁してくれています。


My Wish:Rascal Flatts

ラスカル・フラッツは、アメリカのカントリー・ロック・グループ。
この曲が入っているアルバム「Life is a Highway」は、映画「カーズ」の主題歌が入っていましたが、日本ではさほど話題にはならなかったと思います。
それでも、この曲の歌詞には共感しました。

And each road leads you where you want to go
And if you're faced with a choice and you have to choose
I hope you choose the one that means the most to you
And if one door opens to another door closed
I hope you keep on walking till you find the window

私の望みは、キミたちが夢をかなえることです。


The Climb:Maily Syras

彩乃(長女)が幼稚園生だった頃に「ハンナ・モンタナ」をよく観ていました。
娘が成長するのと同じように、主演のマイリー・サイラスも成長して大人になりました。
自分を見つめ直しながら歌う姿に感心し、応援したくなりました。

That sometimes Im gonna have to lose
Aint about how fast I get there
Aint about what's waitin on the other side 
Its the climb

うまくいかないことはあるし、競争に負けることもある。
結果がどうなるかではなく、ただ自分を高めることを止めないで。

関係ありませんが、大人になった彼女の歌った「Used to be Young」(2023年の「Endless Summer Vacation」収録)もまた感慨深く、少し泣けます。


Keep Holding On:Avril Lavigne

2002年のデビュー・アルバム「Let Go」で、若い世代の抱える違和感を無骨なロックにのせて歌う姿がカッコ良く、すぐに気に入りました。

ウチの娘たちは彼女のようなスタイルには育ちませんでしたが、心の内に秘めたモノを時にはストレートに表しても良いということは伝えたい。
やりたいことが見つかったら、諦めないで頑張り続けてください。


F**kin’ Perfect:Pink

自分らしく生きるという選択は、それはそれで難しくて、自由に振る舞った責任もまた自分が引き受けなければなりません。
いっそ、誰かの示す正解をトレースして、何かあったら誰かのせいにしながら生きる方が楽です。
でも、私からすれば、ウチの娘たちはクソ完璧なのです。
自分らしくあれば大丈夫です。


What’s Up?:4 Non Blondes

自分の意思を貫いたり、他の人の意見を取り入れたり、空気を読んだり、バランスを考えてみたり、気づけば大人になっていた自分に焦ったり、慰めたり。
命を賭けるようなチャレンジや戦いがあるかと思っていたのに、実際に経験したのは小競り合いだけ。
自分の人生と世の中のあり方になんとなくの違和感は残るものの、それにも慣れて処理の仕方も分ってくる。

でも、この苛立ちを飼い慣らすのが大人になることだとは思わないで。
GAGAのパフォーマンスを観るんだ。


Everybody Hurts:R.E.M.

誰もが傷ついている。
そこにキミも含まれていることを、知っている。
この人生はもうたくさんだと思っても、どうか生きるのを止めないで。


Bad Life:Sigrid ・Bring me The Horizon

So I wrote this song to say, things won't always be this way, no
It's just a bad day, not a bad life

私が鬱病の治療中、気持ちが落ちてゆくときにはよく「今の気分がずっと続くわけじゃない」と自分に言い聞かせていました。
そんなにシリアスな局面でないとしても、困ったときは思い出すといいよ。
今日が良くない日だったとしても、良くない人生という訳じゃ無いんだよ。


Don’t Worry Be Happy:Bobby McFarlin

ウチの娘たちは、思い詰めがちな性格で損をすることが多いんじゃないかな。
私自身がペシミストなので、アドバイスには説得力があると思う。
この歌のように生きて行くといいよ。


The Voice Within:Christina Aguilera

Life is a journey
It can take you anywhere you choose to go
As long as you're learning
You'll find all you'll ever need to know

孤独な時には、自分の心の声に耳を傾けて、その声を信じましょう。
求めて行動すれば、きっと必要なものは見つけられます。


Listen:Beyoncé

キミたちの成長をどれだけ助けられたかは分からないけれど、いつの間にか、もう私の手の及ばない大人になっていたようです。

I'm more than what you made of me
I followed the voice you gave to me
But now I gotta find my own

映画「ドリームガールズ」の中でこの歌が歌われたように、キミたちもいつかどこかで自分が何者であるかを宣言したくなるときが来るでしょう。
その時は恐れずに、ビヨンセのように堂々と誇りを持って振舞ってください。


Greatest Love of All:Hoittony Huston

この曲で歌われているように、キミたちこそが未来であり、最上の愛です。
曲の最後、「もしも夢見た場所で孤独になったとしても、自分の強さは愛の中に見つけられる」というのが示唆に富んでいますが、私の強さの源はまぎれもなくキミたちへの想いです。


Hero:Mraia Carry

ヒーローは、危機的状況になるとどこかから現れて、敵を倒して去ってゆく、というイメージがあります。
でもこの曲では、素敵な誰かがキミを救うというのではなく、誰でも自分自身の中にヒーローが存在しているのだと歌われます。

So when you feel like hope is gone,
Look inside you and be strong
And you'll finally see the truth
that a hero lies in you

ちょっとベタすぎかなと思ったものの、この歌詞を伝えたかったので。


Man in the Mirror:Michael Jackson

自分と向き合って、自分の声に従って生きろと言われても、そんな自信は無いし、責任が持てないと思うかもしれません。
それでも、自分の人生ですから、自分に正直に生きた方が後悔は少ないでしょう。

If you wanna make the world a better place
Take a look at yourself, and then make a change

自分の置かれている環境を少しでも良くしたいと望むなら、行動することは大切です。
それに、自分に正直でいることと、自分を変えることは矛盾しません。
また、自分の周りだけでなく、広い視野で世界を見られるようになるといいですよ。


Bridge Over Trouble Water:Simon & Garfunkel

サイモンとガーファンクルは、1960年代に数多くの名曲を届けてくれたフォーク・デュオです。
この曲は1970年にリリースされた同名のアルバムに入っています。
機会があれば、ベスト盤で良いので聴いてみてください。

When you’re weary, feeling small,
When tears are in your eyes
I will dry them all
I’m on your side

古い曲ですが、今、深く共感しています。
そしてキミたちもこの歌を歌う側のような気持になれますように。


Honesty:Honesty

娘たちにはつい多くのことを求めてしまうけれど、どうか誠実さは大切にしてください。
現代を見渡して、さらに未来がどうなってしまうのかと憂いを感じることは多いのですが、どんな世の中になってもキミたちは誠実に生きるように。


Forever Young:Bob Dylan

ボブ・ディランが息子のために作った曲だそうです。
以前、娘たちへの個人的な想いのプレイリストを作ったときにもピックアップしたのですが、最終的にはリストから外してしまいました。
理由は、ちょっと説教くさいかなと思ったからでした。
でも、やっぱり伝えたい。
正直なところ、この曲をキミたちに贈り直したくて、今回のプレイリストを作ったのです。

May you grow up to be righteous
May you grow up to be true
May you always know the truth
And see the lights surrounding you

May you always be courageous
Stand up right and be strong
May you stay forever young

いつまでも若くあって欲しいというのは、未来を悲観せずに、好奇心を持ち続けて、成長を続けて欲しいということです。
キミたちも年を取り、いつか私と同じ年齢になるでしょう。
でも、いつまでも心は若いままでいてください。


Fix You:Coldplay

応援したり、感謝したり、期待したり、願ったり、いろいろな想いが交錯しますが、いよいよ終盤です。

コールドプレイは、私が大人になってから好きになったいくつかのバンドの中でも上位にあるグループです。

When you try your best, but you don't succeed
When you get what you want, but not what you need
When you feel so tired, but you can't sleep
Stuck in reverse

And the tears come streaming down your face
When you lose something you can't replace
When you love someone, but it goes to waste
Could it be worse?

Lights will guide you home
And ignite your bones
And I will try to fix you

いつでも、いつまでも、キミたちに寄り添っていますよ。


Everybody’s Free(The Sunscreen Song):Baz Luhrmann

実は、選曲が終わってから、昔、話題になったこの曲(?)を思い出しました。(そのせいで、他の1曲がボツになりました。)
とても良くできたスピーチです。
Youtubeに歌詞付きの動画があがっていました。

Baz Luhrmann - Everybody's Free (To Wear Sunscreen) (25th Anniversary Remaster) (Lyrics HD)
Listen to "Everybody's Free (To Wear Sunscreen) (25th Anniversary Remaster)" spoken by Baz Luhrmann, original backing track by Quindon Tarver and remastered ...

日本語は、「タイトル+和訳」で検索すると、少しですが見つけられます。
(noteに書いている方のものが読みやすいです。)

同じようなことを思っているので、良かったら聴いて(読んで)ください。


Smile:Nat King Call

チャップリンの映画「モダンタイムス」の挿入歌でした。

That's the time you must keep on trying
Smile, what's the use of crying?
You'll find that life is still worthwhile,
if you just smile

キミたちの笑顔で私は救われました。
キミたちの笑顔は、ひとを幸せにするだけでなく、あなたたち自身も助けることでしょう。
私の娘たちは、それくらい素晴らしい笑顔の持ち主です。

喜劇王チャップリンのキッドとスマイルを歌うマイケル(和訳付き)
世の中がギスギスして皆んなの心が渇いていると感じる昨今。時には懐かしいチャップリンで笑い、マイケルの歌声に癒されよう。


プレイリストは、Spotifyで公開しています。

それぞれの歌詞を引用するのは躊躇われたので、どうか「曲名+アーティスト名+和訳」などで検索して調べてみてください。

すべて私の好きなアーティストの好きな曲から選曲しています。
良いと思ったら、他の曲も聴いてもらえたら嬉しいです。


最後に、楽曲のプレイリストとは違いますが、喜劇王の「独裁者」のラスト・シーンをオマケで付けます。

great dictator speech charlie chaplin
チャップリン 独裁者 ラストの演説 the great dictator speech charlie chaplin

ここでボツになった曲を、集めたプレイリストも作ってみました。
ボツになった理由は、娘ではなくて自分の気持ちに寄りすぎているからです。
泣きながら編集しています・・・(笑)。

娘たちを想うプレイリスト(心情編)
もうそう遠くない日に巣立ってゆくであろう娘達に、日頃うまく伝えられないでいる想いを、私の好きな曲に代えて贈るというプレイリストを作っていたのですが、そこで選外になった曲をまとめたのが今回のリストです。...

コメント

タイトルとURLをコピーしました