PR

『Beyond the Past』 MONO

音楽

『ビヨンド・ザ・パスト』 モノ 2021年

シューゲイザーが好きだと言いながら、今まで聴き逃していました。
なんで気が付かなかったのでしょう。
今更ではありますが、このバンド、最高です!

Spotify のおススメで流れてきたのがきっかけで耳を奪われて、アーティストを確認してみたところ日本人のバンドだと知り二度ビックリ。
海外を活動拠点としつつ、キャリアは20年以上になるそうです。

私が調べて分かるようなことは誰でも分かると思いますが、オフィシャル・サイトがあったのでご紹介だけ。

Home - MONO (Japan) | Official Website
The 11th album "Pilgrimage of the Soul" out September 17, 2021.

一番最初にキャッチしたのは、2009年のアルバム『Hymn To The Immortal Wind』からのどれかだったと思います。
「これは凄いの見つけちゃった」と思って確認してみたところ、10年以上前の作品だったと分かり、「知らずにいたなんて」と愕然としてしまったというわけです。
数年前に Parannoul という韓国のシューゲイザー・プロジェクトを見つけた時も嬉しかったのですが、コレはそれを凌ぐ感動でした。

このアルバムの正式なタイトルは『Beyond the Past – Live in London with the Platinum Anniversary Orchestra』となっています。
2019年12月14日にロンドンでバンド結成20周年を祝うライブが行われた録音ということで、新旧の曲が選ばれています。
ジャケットからは、バンドの後方にオーケストラが見えます。これは National Youth String Orchestra だそうです。
バンドはギター二人とベース、ドラムという4人構成ですが、キーボードの使い方やオーケストラとの共演は、いわゆるシューゲイザー・サウンドに色どりを加え、彼らの音楽を特別なものにしています。
全12曲、約2時間、異世界へ連れ出してくれます。

コクトー・ツィンズマイ・ブラッディ・バレンタイン が好きだったシニア世代は、響くものがあるはずです。
もしも私と同様に MONO をご存じなかったなら、今からでもぜひ聴いて欲しいです。
そして、MONO は好きだけど上記の2バンドは知らないという若いリスナーの方は、ぜひ コクトー・ツィンズマイ・ブラッディ・バレンタイン を聴いてみて欲しいです。
似てるとかどうとかではなく、コレ好きならコレも好きなんじゃないかな、というおススメです。

聴きながら書いているわけですが、残り2曲となってきました。
あとは、2019年リリースのシングル『Exit in Darkness』と、2002年のアルバム『One Step More and You Die』からの『Com(?)』に浸りたいと思います。

陶酔の音楽体験。
ヘッドホンをして大音量で聴きましょう。

2023.3.26 

Photo by ana-grave -unsplash

コメント

タイトルとURLをコピーしました